日本農業経営大学校

このエントリーをはてなブックマークに追加
20150823連休明けのバケツ稲2校長室前のベランダにある二つのバケツ稲。これは5月連休明けに芽出しした
稲を、左は有機のコシヒカリ、右は化成肥料を後に3袋入れた三井化学の
みつひかり。 20150823中期のバケツ稲 間引きして数本をバケツ稲の中心に植え替え。コシヒカリの方が成長がよさそうにみる。晩稲のみつひかりですが、この後、コシヒカリと比べて稲の幹はぐっと太く分けつも多くなる。 20150823稲の花 8月21日の写真ですが、コシヒカリに花が一杯。上からの写真でぼやけています が・・・みつひかりは全く何も無し。 8月24日の状況です。 20150824稲 この写真は8月最後の日です。左がようやく穂をつけ始めてみつひかり2003、右がかなり穂を付けたコシヒカリです。 20150831バケツ稲 以下の写真は9月16日。ようやく左のみつひかりが花が多く咲き始めました。なお右のコシヒカリ、栄養不足か、何とも収量は少なそう。 20150916バケツ稲左がみつひかり

活動

月刊誌『農村と都市をむすぶ』2014年2月号に日本農業と外国人労働力の特集を載せました。

農村と都市をむすぶ誌 2014. 2月号 /

No.748

【時評】 馬と鹿  (SK)

特集 農業における外国人労働者問題

外国人技能実習制度の現状と課題

 ~農業分野の技能実習を中心に~            八山政治

農業における雇用労働者の重みと外国人の位置       堀口健治

露地野菜地帯で進む外国人技能実習生導入による規模拡大

 -茨城県八千代町の動向-               安藤光義

認定農業者の営農概況と外国人労働力調達の実際

 -茨城県八千代町におけるアンケート調査-       軍司聖詞

外国人実習生の役割と日本人常雇

 -畜産法人経営を中心に-               神山安雄

北海道にみる短期滞在型の実習生の実情と課題       北倉公彦

トピックス・シリーズ”世界の食料と農業⑯”

フィリピンの有機農業に学ぶ             中西 徹

雑誌としてまだ販売中でインターネットで無料で見れるのは半年後になります。雑誌の刊行元の全農林労働組合は

電話03-3508-4350で連絡が取れます。

上記のように編集しましたが、これで日本農業にどのような形で外国労働力が働いて

いるか、理解することができると思います。

 

鹿児島県山川の鰹節加工に中国女性の技能実習生

節の大産地、枕崎と比べてカビ付の本枯れ節が多い、同じく大産地の山川も、カツオの切り落とし、骨抜きなど、前処理で多くの実習生に10年前から依存しているとのこと。節の整形や加工は依然として経験のある付近の日本人女性が雇用されていたが、前処理の所に雇用されている。今までは独身のみ(写真の会社はすべて独身女性)だったが、最近の中国での募集が困難で、既婚の女性も入れないと人数が確保できないらしい。

DSC08580

日本の外国人労働力に仕組みとしての技能実習制度

2011年にカリフォルニア大学デービス校に滞在以来、農業における外国人労働力の受け入れの研究を本格的に始めました。

米国や日本等は単純労働市場に外国人を受け入れない原則の下で、米国は農業等を対象にした短期・出稼ぎ型の労働者、具体的にはメキシコ人ですが3年間の就労ビザ(農業用にH2-A)を制度として作り、越境型の違法滞在者ではない、受け入れを始めています。

研修を基礎として3年間の技能実習生の制度を持つ日本は、これに対してどう考えるか、調査しながら、検討しています。

活動名

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。